電子・半導体

電子・半導体

レーザー技術は数年前から電子機器に使われるようになり、多くの家電メーカーがより良い製品を顧客に提供するために役立っている。

科学技術の進歩に伴い、加工や製造の分野では、高効率で広い範囲をカバーするレーザー技術がより重要視されてきています。 レーザー溶接機は、精密部品の加工や応用において重要な役割を担っている。 レーザー溶接機は、溶接装置の一種です。 近年、最も多く使われている溶接方法の一つである。 レーザー溶接は、高エネルギーのレーザーパルスを利用して、ワークの微小領域を局所的に加熱し、レーザー照射のエネルギーを熱伝導でワークに伝えるものである。 内部拡散、ワークが溶けて特定の溶融プールが形成される。 レーザー溶接は出力密度が高く、エネルギー放出が速いため、従来の溶接方法と比較して加工効率が非常に高い。 レーザーを集光した後のスポットは小さく、溶接の際、2つの材料の密着性が良くなり、材料の表面が傷つき変形することもなく、溶接の後処理も必要ありません。

レーザー溶接は、エレクトロニクス産業、特にマイクロエレクトロニクスの精密部品に広く利用されている。 レーザー溶接は、熱影響部が小さく、加熱集中が早く、熱応力が小さいため、集積回路や半導体デバイスのケーシングのパッケージングに独自の利点を発揮している。 センサーやサーモスタットの弾性薄肉波板の厚み 0.05-0.1mmでは、従来の溶接方法では解決が難しく、TIG溶接は溶け込みやすく、プラズマ安定性が悪く、影響を与える要因が多いが、レーザー溶接は効果が非常に高く、広く使われている。

精密部品レーザー溶接機の主な特長

1.精密部品溶接用レーザーは、光ファイバーやプリズムなどの光学的手法で曲げたり、透過させることができるため、微細部品などの溶接が困難な部品の溶接に適しており、また、透明な素材を透過して溶接を行うことも可能です。

2.高エネルギー密度、高速溶接を達成することができる、熱影響部および溶接変形は非常に小さく、特に熱に敏感な材料の溶接に適しています。

3.精密部品溶接用レーザーは、電磁波の影響を受けず、X線も発生せず、真空保護も不要で、大型構造物の溶接にも対応可能です。

4.絶縁導体は、あらかじめ絶縁層を剥離することなく直接溶接することができ、物性差の大きい異種材料の溶接も可能です。