自動車産業

自動車産業

自動車製造業は、現在の工業生産の中で最も大規模にレーザー溶接技術を使用している産業である。 レーザー溶接機の柔軟性は、自動車用のさまざまな材料の加工を満足させ、自動車生産コストの削減、生産効率の向上を実現し、自動車製造業界に大きな経済効果をもたらしている。

レーザー溶接法の自動車分野への応用

自動車産業では、レーザー溶接は通常、ボディ溶接の重要な位置と、次のようなプロセスのための特別な要件を持つ部分で使用されています:ルーフと側壁パネルの溶接のために、それは溶接の強度、効率、外観とシールの問題を解決することができます。 直角オーバーラップの問題を解決するために、リアカバー溶接に使用される;ドアアセンブリのためのレーザーテーラー溶接は、効果的に溶接の品質と効率を向上させることができます。 ボディパーツの溶接には、さまざまなレーザー溶接法が用いられることが多い。 自動車産業で一般的に使用されているレーザー溶接の方法をいくつか紹介します。

レーザー溶接車ボディの特徴

1.非接触処理

自動車製造におけるレーザー溶接の最も重要な利点は、高度な非接触加工法であることです。 ネジ止めや接着剤による接続といった従来の加工方法では、現代の自動車製造に求められる精度や堅牢性を満たすことができず、新素材の適用も従来の加工方法ではやや劣ることになります。 レーザー溶接は非接触です。 加工の過程では、製品に触れることなく精密な溶接を行うことができ、接続部の固さ、継ぎ目のなさ、精度、クリーン度において飛躍的な技術向上を実現しています。

2.レーザー溶接による自動車の軽量化

レーザー溶接の使用は、自動車製造において鋳造品をより多くのプレス品に置き換え、散在するスポット溶接を連続的なレーザー溶接に置き換えることで、ラップ幅や一部の補強部品を減らし、車体構造自体の体積を減らすことで、車体の軽量化を実現し、自動車の省エネ・低排出ガス化の要求を満たすことができます。

3.ボディーの組立精度・剛性の向上

自動車のボディやシャーシには、何百、何千という部品が使われています。 それらをどうつなぐかが、車体全体の剛性に直結するのです。 レーザー溶接は、厚さ、グレード、種類、等級が異なるほぼすべての金属材料の溶接に使用することができます。 連結した場合、本体の溶接精度や組立精度が大幅に向上し、本体の剛性も30%以上アップするため、安全性が向上します。

4.レーザーハイブリッド溶接による加工安定性の向上

純粋なレーザー溶接技術と比較して、レーザーハイブリッド溶接技術の使用は、企業が高速レーザー溶接中にアーク溶接のプロセスの安定性をより十分に活用できるように、シートメタルのギャップの接続能力を大幅に向上させることができます。
また、レーザー溶接を用いることで、自動車ボディの製造工程におけるスタンピングや組み立てのコスト削減、生産サイクルの短縮、部品点数の削減、ボディの一体化の度合いを向上させることも可能です。 レーザー溶接部品は、溶接部の変形がほとんどなく、溶接速度が速く、溶接後の熱処理が不要である。 現在、レーザー溶接部品は広く使用されており、トランスミッションギア、バルブリフター、ドアヒンジなどによく使用されている。

メッセージを送る